【美筋】ごはんは「高タンパク質」!そのメリットは?

 

【マッスルデリ】は高タンパク質・低カロリーの食事です。

 

「低カロリー」は何となく分かりますが、「高タンパク質」はなぜダイエットに有効なのでしょうか?

 

 

 

 

「タンパク質」は三大栄養素の一つ

 

私たちのカラダの70%が水分ですが、その次に多いのがタンパク質です(カラダの15〜20%)。

 

筋肉、骨、血液、皮膚、髪、爪、臓器といったカラダの重要な部分を形成する材料となる重要な栄養素なのです。

 

そればかりでなく、免疫力や基礎代謝量を上げて体調を整えるなど、その働きは多岐に渡ります。

 

タンパク質がダイエットに必要な理由を見ていきましょう!

 

 

・筋肉量を減らさない

 

筋肉はカラダを支える他、体温を作り出す働きを担っています。

 

基礎代謝の中でも一番多くのエネルギーが必要です。

 

筋肉量が減ると代謝が落ちて体温が維持できなくなってしまい、その役割を脂肪で埋めようとして肥満になります。

 

 

・満腹感がある

 

タンパク質の食べ物は、食欲を抑える「グレリン」「GLP-1」といった満腹ホルモンを分泌するので、満腹感を得られます。

 

また、タンパク質は消化スピードがゆっくりなので、腹持ちが良いのです。

 

【胃の中の停滞時間】

 

・炭水化物 2〜3時間

 

・タンパク質 4〜5時間

 

・脂肪 7〜8時間

 

 

 

 

タンパク質だけ摂れば良い?

 

タンパク質がダイエットに良いからと言って、そればかり摂っていてもダメ。

 

食べすぎによるカロリーオーバーにもなりかねません。

 

脂肪燃焼にはビタミンB1、B2、B6、B12が関わっており、特にB6は筋肉合成にも大きく関わっています。

 

ですから、糖質、脂質、タンパク質の三大栄養素にプラスして、ビタミンやミネラルが必要となります。

 

栄養素の摂取過不足のないように、毎食適量を摂ることが大事です。

 

 

こうして栄養素を気にして計算ばかりしていると、「結局何を食べたらいいの?」「この組み合わせでいいの?」と食事の度に悩むことになりますよね。

 

 

 

管理栄養士監修の【マッスルデリ】

 

【マッスルデリ】は高タンパク・低カロリー。

 

必要な栄養素の量は、管理栄養士が計算してくれています。

 

レンチンするだけなので、食事管理が手軽&時短です。

 

「仕事から疲れて帰ってきて食事の用意をしなくて済む」のも、とっても大きなメリットです。

 

 

あとは、朝食やランチに一工夫!

 

カットチーズや卵をプラスしてタンパク質を多く摂りましょう!

 

 

ダイエットは「食事が8割、運動2割」。

 

「美筋つくり」のため、今までの食事内容を見直して改善してはいかがでしょうか。

 

 

*定期購入なら割引があります。